はしごを外される

f:id:bojodori:20170718202946j:plain

 

最近毎日憂鬱な気分で、友人との飲み会すら気が重い。疲れもあるが…。

 

ひどい3連休だった。一日中家に籠ってスマホをいじって、ゲームをしていた。休みに入る前は本を読んだり、映画を見に行ったりしようと思っていたのに…。しかも月曜日は暴飲暴食をしてしまったため、夜中に目が覚めて吐いてしまった。ストレスがたまるとこういうことになる。

 

アンタッチャブルという映画を見た。1930年代のシカゴを舞台に、マフィアのアル・カポネと捜査官のエリオット・ネスの対決を描いた作品だ。アル・カポネロバート・デ・ニーロ、エリオット・ネスはケビン・コスナーが演じている。ネスを助ける老警官役でショーン・コネリーが出演しており、この作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。

正義感はあるが未熟な主人公。絶大な権力を持つ恐ろしい敵。老警官、博識な同僚、射撃の腕前は一流の新人など個性的な仲間達…キャラクターが魅力的だ。敵に向かって馬で駆けていくシーンは気持ちが高ぶるし、銃撃戦の最中ベビーカーが階段を落ちていくシーンはハラハラする。とても面白い映画だった。

 

仕事で急にはしごを外されるようなことを言われた。一緒に仕事を進めるのではなかったか。単に自分がそう思い込んでいただけなのかもしれない。そもそも人に頼りすぎなのかも…。なんで自分がやらないといけないのか、と考えることが増えた。自分が損しているような感覚。器が小さい。誰よりも楽したいと考えているのだろう。